【成功するために絶対に必要な3つの考え方】2. 即断・即決・即行動が成功の鍵である

「成功したいなら即行動する!考える前にまずやってみる!」

これはとても大切なことだと思います。

僕も元々消防士という職業を選んでいたくらいなので「安定」というものがとても好きでした。

しかし、安定を意識しすぎるあまり
安定というもの本質を知ろうとしなかったり、何か変化することが不快に感じてしまう様になりました。

結果…『すぐに行動できない人間』になってしまいました。

やっぱり、すぐに結果が出る人や、何事にもセンスがある人っていうのは

「考える前にすぐ行動に移すタイプ」だと思います。

これまでの人生で人気者だった人や、何かにおいて結果を出していた人はそうでしたよね?

「あーじゃあ、俺はすぐに動けないタイプだから成功できないわ。」と言って、すねて卑屈になる人もいると思いますがそれは自分のためではないと思います。

自分を行動できない人間だと決めつけてしまう人。

そんな人は日々の訓練で「即断・即決・即行動」ができるようになります。

今回は「即断・即決・即行動」が大切な理由についてお話しします。

なぜ即断・即決・即行動をすると成功するのか?

先ほども言いましたが、すぐに結果が出る人や、何事にもセンスがある人って「考える前にすぐ行動に移すタイプ」だと思います。

そう思ったこの前の出来事を少しお話しします。

先日、飲み会である人が「世界中の未来」についてデータを含めて色々なお話しをしてくれました。

この時に、ある人達は『どうやってそれを知ったんですか?』『詳しく書いてるサイトはありますか?』『オススメの本はありますか?』とすぐにスマホで調べだしたり、メモしたり、購入したり・・・と、すぐに吸収して自分の知識にしようとしていました。

一方の人達は『え〜面白そうっすね』『そうなんですね!』『へー勉強になりますね。』と、適当に相槌を打っているだけでした。

この出来事で「すぐ行動する人」「行動しない人」にハッキリと分かれました。

すぐに行動する人は知識をどんどん付けていきます。

行動しない人は知識がなかなかつきません。

この一コマをみても大きく差が開いたと思います。

成功はこれらの繰り返しです。

つまり、すぐに行動できる人はそれだけ吸収も早いので結果も早い。

行動しない人は吸収が無いので、結果が出ることも無い。ということです。

行動できない人は本当に変わりたいと思っていない

『変わりたいとは思ってるけど、行動できない・・・』

なぜか?

まず、行動しない人がなぜ行動を起こさないのか?というと、
シンプルに「変わりたくない」からです。

行動を起こさないことが最高に心地良いと感じています。

こういう人はもし何か少し行動を起こしても、すぐに元に戻ってしまいます。

僕も当時、ビジネスを始める際にとても居心地の悪さを感じました。

この居心地の悪さが今の成功に繋がったわけですが、当時は脳が変わりたくないと反射的にうったえてきていましたね笑

ダイエットなんかでもそうです。

「太っているのは嫌だ!」と口癖の様に言っているけれど、つい食べちゃう。

「一旦、痩せるまでは食べないように我慢すればいいのに。」と思いますが、なぜかそれが出来ないみたいな…

なぜ、こんなことになるのか?

それは「太ってる状態が標準 (当たり前)になっている」からです。

つまり、太っている期間が長くなりすぎると、太っていることが当たり前になります。

なので、痩せようと食事を控えたり、運動しても、太っている生活に居心地の良さを感じてしまっているので
変化したくないと脳がうったえてきます。

その結果、ダイエット終了…

ってな感じですね。

行動を起こさない期間が長すぎると、行動を起こしたくても、行動を起こさないことが当たり前になります。

そして、行動しない人間になってしまう。

言い換えれば、口だけ達者で行動に移さない人です。

こういう人達が今の日本には多く存在します。

成功者は実践と改善の数が圧倒的に違う

成功者がなぜ成功しているのか?というと、それだけ行動しているからです。

行動すると当然失敗することも増えますが、行動しないと何も始まりません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

挑戦する人は、成功を生めるかもしれない。 挑戦に迷う人は、成功を生めない。 挑戦しない人は、成功も失敗も生まれない。 結果を出すには即行動することが大切! 色々な成功者に会ってきたけど、聞かなくても全員そうでした。 決断するのが早過ぎる。 サバサバしてるというか、決断することに何のためらいもない。 その時にこう思いました。 決断する事が大切とかの次元じゃなくて、決断した後にどういう結果にしていくか?が大切なんだと。 香港へ行った際にリッツ・カールトンのBARで出会ったイギリス人も言っていた。 決断した後に結果が出るか心配になる人はもっと頑張った方が良い。 決断した後に必ず結果を出せば心配なんていらないと言っていた。 なるほど。。。 #名言 #成功者からの助言 #経験 #リッツカールトン #theritzcarlton #quotes #experience

sho.n(@sho_msbstyle)がシェアした投稿 –

失敗をした経験がない人は絶対にいません。

新しいことや分からないことを始めると色々な失敗をします。

成功者はこの失敗した経験が知識につながることを知っているため
行動すればするほど成功や失敗に関わらず自分のレベルアップにつながることも知っています。

だから、すぐに行動した方が早く失敗できて、早く失敗した分だけ早く成長することができるので「成功者ほど早く行動する」のです。

実践して改善、そしてまた実践して改善、これを繰り返せばいつかは成功します。

つまり、成功者は実践と改善を圧倒的な数で繰り返し続けたからこそ成功している。ということです。

チャンスは平等にはない

チャンスはみなが平等には訪れません。

成功するためには行動してチャンスを自ら切り開いていくことが大切です。

しかし、行動している人でも多くのチャンスが巡ってくるとは限りません。

でも、必ずいつかチャンスは訪れるはずです。

その少ないチャンスを見逃さずに掴み取ることができるか?が人生の分かれ目になると思います。

あるキッカケでひとりの人と出会っただけで人生が変わったという話も多く聞きます。

「思い立った時にスタートできない人間は、一生スタートできない人間」

チャンスだと思った時には行動に移すようにしましょう。

即断・即決・即行動ができるようになるためには?

普段から「即断、即決、即行動」する。

つまり「考える前に即行動するクセをつける」ことを意識することが大切です。

例えば、朝起きる時。

アラームが鳴って目が覚めた時、起きようか。もう少し寝ようか。と一瞬考えますよね。

そして、もう少しだけ…zzZ

と、寝ちゃってギリギリになって起きる。みたいな笑

そんな時も、起きるか?起きないか?をすぐに決めます。

起きるなら起きてしまう。
起きないならギリギリまでしっかり寝る。

アラームが小刻みになって半寝状態が何十分も続くくらいなら、しっかりと寝てしまった方が絶対に良いです。

そうした方が、ギリギリで起きた場合でも割り切ることができます。

「ギリギリまで寝てしまった…!!」というのと
「ギリギリまであえて寝た」というのだと

起きた時間は同じでも、モチベーションが全く違うと思います。

こんな感じで考える前に即行動する習慣をつけます。

他のパターンだとこんな感じです。

レストランに行った時、コレ食べようかなぁ〜?あっアレもいいなぁ。と迷ってしまうことはあると思います。

そんな時に即メニューを決めるよう意識をします。

食事のコレ食べたい、あれ食べたいっていうのは一時的な感情でしかないので正直どれを食べてもさほど変わらないと思います。

それなら早くメニュー決めて他のことに頭を使ったり、誰かと来ているならコミュニケーションを取る時間を1秒でも長く取る方が良いと思います。

僕はそんな感じで、考える前に即行動することを意識していくうちに何かを決断する時にスピードは早くなったと思っています。

全てにおいて興味を持ったのならば即行動すべきだと僕は思います。

「知らない事=恐い」は当たり前の感情で

世の中の95%の人が恐がって結局行動しないからこそ

恐いけれど行動する5%の人が成功者になると思っています。

行動すると、世界はガラリと変わりますよ。